---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)アクサダイレクトSBI損保あいおい損保富士火災AIUセコム損保

原付の任意保険はファミリーバイク特約がおすすめ

自動車保険 ファミリーバイク特約

通勤・通学などで利用する原付の保険はできるだけ節約したいものです。


原付は手軽さ4と圧倒的な経済性がメリット。

任意保険は必要だとしてもその費用は最小限にしたいものです。


そんな原付にぴったりの自動車保険特約がファミリーバイク特約です。


単独加入のバイク保険だと数万円の保険料を覚悟しなければならないでしょうが、この特約なら6千円〜1万円程度の保険料追加で済みます。


◎ファイリーバイク特約のうれしいメリット

・125cc以下のバイクを運転する家族(別居の子供もOK)が補償対象

・対人・対物・自損事故で本体の自動車保険と同様の補償

・原付が何台でも、借りたバイクでもOK

・年齢制限がありません

・原付の事故でも本体自動車保険の等級へ影響しません


ファミリーバイク特約をつけるには自動車保険の契約を変更することになります。

自動車保険を変更するせっかくの機会です。この際、見直しをして次の例のように、特約をつけても保険料が安くなる自動車保険にしてしまいませんか?


■ファミリーバイク特約の追加は保険料節約のチャンス

ダイハツ ムーヴのファミリーバイク特約付の自動車保険を半額以下にしたことがあります。

保険料は 59,160円/年(損保ジャパン)24,010円/年
このケースでは、 特約無しから特約付きへの切り替えでも半額になったでしょう。

【無料】一括見積りでファミリーバイク特約付の保険料を比較し保険会社を切り替えた結果です。

各社の保険料の比較に使った一括見積りはコチラ 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

他にも使ったことのある中では、「 「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】 」が古くからあるサービスで安心して利用できます。

※「そんなに保険料が安くなっても大丈夫か?」「通販型にして事故の時など大丈夫か?」などについてはこちらをごらんくだっだい。 ⇒ 代理店を通さなくてもいざという時大丈夫なのか?

人身障害型のファミリーバイク特約


通常ファミリーバイク特約は「自損事故タイプ」であり、運転者のケガなどは自損事故の場合しか補償されません。

これはメリットの多いファミリーバイク特約の唯一の短所といっていいでしょう。


この短所をカバーしてくれるのが「人身傷害タイプ」のファミリーバイク特約です。

主契約が人身傷害保険付きであれば通常「人身傷害タイプ」のファミリーバイク特約が可能になります。


正確に言えば、本体の自動車保険が人身傷害保険付きの場合、自動的に「人身傷害タイプ」になるところと、選択で「人身傷害タイプ」にできるところとがあります。

保険料は通常の自損型より高くなります。(各社で違いますが1万円前後程度)


ネットで様々調べると(しんどい!)通販型の中でも「人身傷害タイプ」付きでも最も安くなるのはアクサダイレクトのようです。

他社で「車は人身傷害付き、原付は自損型」という選択でアクサダイレクトより安くできる場合もあるようですが、せっかくの人身傷害の補償(過失割合に関係なく実損を補償)をはずすのは費用対効果を落としてしまいそうです。


あなたも一括見積もりで「人身傷害型」ファミリー特約付き自動車保険の最安を見つけてみませんか。

原付バイクで単独のバイク保険に加入する


自分も家族も自動車の任意保険に加入していない場合は、単独のバイク保険に加入する方法があります。

原付に最適のバイク保険は、ズバリ言って通販・リスク細分型バイク保険でしょう。


中間コストのない通販型保険はもともと保険料が安いのですが、
原付のバイク保険にリスク細分型がおすすめの理由は、
原付以外のバイクと保険料区分が分けられるという点です。


チューリッヒの場合は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトの場合は、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。


例えば2種原付(51cc〜125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
走行距離を気にしなくて良いアクサダイレクトにすれば安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。


ファミリーバイク特約は原付の必選特約


ファミリーバイク特約ほどいいこと尽くめの特約は珍しいでしょう。

ご家族の原付バイクでの通勤、通学をご心配の方、迷わずにファミリーバイク特約をご検討ください。


自動車保険の「ファミリーバイク特約」は、125cc以下のバイクを運転するご家族のどなたでも、対人・対物・自損事故について補償を受けることができます。

この特約をつければ、対人・対物事故では主契約と同額(主契約が無制限であれば無制限)、自損事故では各社それぞれの取り扱いにより保険金額が支払われるという、原付バイクを利用する方のこの上ない味方となります。


そして、さらに保険料の安い通販型に切り替えれば、この「ファミリーバイク特約」を付けた上で、自動車保険の保険料をこれまでより安くできるかも知れません。


自動車保険のネット一括見積もりで、ファミリーバイク特約付き自動車保険の見積もり比較をぜひお試しください。

補償、事故対応、無料サービスに定評のある自動車保険の本体に、家族のバイク補償という大きい安心が納得の価格で上乗せされるという「一石二鳥」を実感できるでしょう。


<クルマの話あれこれ>
中古車を売る時のコツは、複数の買取店に査定してもらうことです。
各社の競争になって価格が引きあがります。

その時に便利なのが自動車の無料一括査定です。

■任意保険の相場を知るには一括見積もりが欠かせません

外圧が契機だったのでしょうが、保険の自由化は自動車の任意保険に大きい変化をもたらしました。

1998年の自動車保険自由化によって、それまでの各社横並びの自動車保険は徐々に少なくなり、中間コストを省いた通販型や、欧米などではポピュラーになっているリスク細分が採用された保険も導入され、いまでは任意保険は全体の姿がなかなか分かりにくいほど数多くの商品が販売されています。

中でも、外資系を中心にダイレクト販売、リスク細分による適正価格(代理店経費20%を省略した"安さ")をセールスポイントに売上を伸ばしている通販型の任意保険が台風の目になって、各損保会社は激しい競争を行なっています。

私たち消費者にとってこのような状況は選ぶことのできる商品が多くあるという意味で結構なことなのですが、いざ現実に選ぶ場合になると、どれが自分に適している任意保険なのか簡単には判別できないようになりました。

特に任意保険を新規で選ぶ場合は、以前のような共通の相場がなくなったために、どこからどうやって調べればいいのか本当にわかりにくくなっていると思います。

自動車保険の一括見積もりは、このように面倒になった任意保険選びの心強いサポートをしてくれる無料サービスです。

新規の会社も参入し現在では自動車保険取り扱い各社が24社になりました。

任意保険の相場の確認では、各社の保険料の違いだけでなく、補償内容、事故対応、無料サービスの違いを比べることが大切なポイントになります。

24社もある保険会社の多様な特色を持つ任意保険を一つ一つ比較するのは大変な作業で、通常の人の場合は不可能でしょう。

今や、後悔のない任意保険選びを行なうには、一括見積もりが欠かせないサービスになったと言っていいでしょう。

Copyright © 自動車保険 ファミリーバイク特約を安く付ける All Rights Reserved.